腕時計は動くほうが売れやすく高価で売れる!

いろいろ試してみたいこと

いらなくなった腕時計は、タンスや棚の奥に眠らせておくのはもったいないため、専門のお店に買取ってもらうと良いでしょう。ただ、長く放置していた腕時計は、稀に動かなくなっているケースがあります。やはり正常に動いているほうが高値がつくのですが、だからと言ってメーカーに修理してもらうと赤字になります。そこで自動巻きの腕時計の場合は、手に持って何度か振ってやります。するとゼンマイが巻き上げられて、やがて動くようになることが多いです。もしもどの程度の強さで揺すれば良いのかわからないなら、腕にはめてあちこちを歩いてみましょう。中の油が固まっているだけなら、すぐには変化がないかもしれません。しかし、上記の方法を数回繰り返してみることで、再び動くようになる確率が高いです。

交換しておくと良いもの

腕時計にもいろいろあって、ソーラーパワーをエネルギーとして作動しているのなら、明るいところに置いておきます。破損していない限りは動くようになるでしょう。難しいのは、電池式の腕時計です。自分で時計店に持ち込んで交換してもらった後、買取してくれるお店で査定を受けたほうが高値がつく場合も珍しくありません。ただし、例外は電池を交換できるスタッフがいる、もしくは安く修理できる業者と提携しているお店です。このようなところでは、むしろ持ち主側が手を加えることで、買取金額が下がる可能性があるのです。
自分で判断できないのであれば一度お店の人に見せて、電池を交換した場合と不動のままでは、値段がどのように変化するのかを聞いておくと良いです。

© Copyright Predicted Purchase. All Rights Reserved.